一軒家

不動産売却で頼れる業者選び|投資を成功させるガイドブック

中古物件でも高値取引

住宅

外国人でも融資可能

日本で人気の不動産投資ですが、海外ではアメリカ不動産投資が人気になっています。通常、非居住者の外国人は融資を受けることができないのが一般的ですが、アメリカでは非居住者の外国人でも融資を受けることが可能になっています。さらに税制上の違いによりメリットを受けることも多く、日本人にとっては日本国内で不動産投資するよりメリットが多くなっています。また為替差益による利益も得ることができ円安が進む最近の状況では為替相場も利益になる可能性が高くなっています。そのためアメリカ不動産投資を行う日本人が増加しているのです。日本より経済成長率や人口増加が著しいため、不動産に対する需要も日本以上になっている事も魅力です。

西海岸がおすすめ

日本の不動産は新築が中心です。築年数が10年を経過すると買い手がつかなくなることも少なくありません。しかしアメリカ不動産投資では中古物件が中心です。築年数は日本とは比ではなく中には100年を超える物件も存在します。中古物件の取引が盛んであるため、売却時の利益も期待できるのです。耐用年数が日本より長い物件が多いため、中古物件の市場価値が高いのです。広いアメリカ不動産投資では、人口の集中するエリアに的を絞ることが効果的です。ニューヨークやロサンゼルス近郊では人口が集中している傾向があり、南カリフォルニアまで含んだ西海岸が特におすすめ地域となっています。また移民も多く、人口の上昇も今後続くと予想されています。