一軒家

不動産売却で頼れる業者選び|投資を成功させるガイドブック

利回りの良い投資方法

積み木

売却が困難

マンション1棟買いは複数の物件を所有できることで空室リスクの分散が可能ですし、同じマンションの中の複数の物件を管理する形となることで共用部分をはじめとする管理の効率化を図ることもできる利回りの良い投資方法です。このような理由から、マンション1棟買いは資金力が要求されるものの、効率的な運用を実現できる不動産投資の方法として資金力のある投資家に好まれています。しかし、このようなメリットの多いマンション1棟買いですが、注意すべき点として売却が困難な点が挙げられます。不動産投資用の物件は遅かれ早かれどの物件もいずれどこかのタイミングで収益力が低下します。従って収益力の低下に伴って利益が得られなくなる前に売却することが重要なのですが、1部屋単位の売却とは異なり、不動産の売買市場いおける物件の購入希望者の大多数を占める自己居住用物件の購入希望者がマンション1棟買いをすることはありませんので、マンションを1棟丸ごと売却をする場合には潜在的な買い手の絶対数が少ないために、困難な条件の下での売却活動になることに注意が必要なのです。

予め売却計画を立案する

このように売却が困難であるマンション1棟買いを行う際に重要なことは、予め投資対象となるマンションの購入を検討する段階で何年後にいくらでそのマンションを売却できるかという売却計画を立案しておくことです。そして極力リスクを軽減するためには出来る限り売却額をシビアに見積もった上で、投資に資するか否かを判断することが大切です。その上で実際に投資対象としてマンション1棟買いを行った後は、その物件から順調に利益が獲得できていたとしても随時不動産市場の動向を追いかけることが大切です。そして何らかの事情で地価相場が高騰して購入時の想定以上の査定額となり、その後も物件を保有し続けた後に売却することで得られることが見込める利益の総額よりも、その時点で売却する方が多くの利益が得られるという見通しが立った際にはすぐに売却を図るという心構えを持っておくことが重要です。