一軒家

不動産売却で頼れる業者選び|投資を成功させるガイドブック

戦略を考えることが大事

インテリア

不動産会社の悩みの一つに、集合住宅の空室が多くなっていることが挙げられます。当然、空室が多ければ多いほど、管理をするにも意味がなくなってしまいます。家賃収入や管理費収入が見込めず、赤字になってしまうからです。そこで、最近は空室対策を積極的に行う不動産会社が増えてきています。空室対策の方法はいろいろあります。一般的には、とにかく空室にならないように入居者を増やすことです。つまり、宣伝をすることが重要となってきます。また、集合住宅が空室となってしまうのは、一時的にしか借りない人が多いからでもあります。できるだけ長く住んでもらえるように工夫することも大切です。それにはセキュリティ対策なども必要になってきます。

空室対策をするためには、斬新なアイデアが必要になってくることがあります。例えば、最近、多くなってきているのは、初月分の家賃を無料とするなどの特典をつけることです。そうすれば、他の物件よりもお得条件となるため、どちらにしようか迷っている人は、当然、こちらの集合住宅を選ぶことになります。それから、フリーレント契約にするということも流行ってきています。最初の数ヵ月の家賃が無料になったり、敷金や礼金が不要となったりするという契約です。これもまた、とても人気があります。このようにして工夫することによって、空室対策をすることができます。もちろん、不動産会社が損をするような契約ではなく、きちんと元を取れるようなアイデアが必要です。